足が強い(読み)あしがつよい

  • あし
  • が 強(つよ)い

精選版 日本国語大辞典の解説

① 船の速力が速い。船足が速い。
※謡曲・舟弁慶(1516頃)「また最前御座舟のことを仰せ付けられて候ふ間、いかにも足の強き舟を申し付けて候」
② 船が揺れにくい。〔日葡辞書(1603‐04)〕
③ 飲食物が長い日数腐らない。
※浮世草子・立身大福帳(1703)六「岡大豆は醤油にして足つよし、梅雨にもかび不出」
④ 餠にねばりけがある。
※雑俳・俳諧觿‐二八(1827)「米の餠足のつよいを自慢して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android