船足(読み)ふなあし

  • せんそく
  • 船足/船脚

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

いくつかの意味があるが,今日では,(1) と (2) に使用するケースが多い。 (1) の進行または船の速力。 (2) 船の喫水,つまり浮んでいる船体水中に沈んでいる深さ。 (3) 水上にある船の横へ傾斜する難易を表わす船方用語。 (4) 近世和船の喫水測定の代用として設けられたもので,船体中央部の腰当船梁下面と喫水面との垂直の高さをいう。 (5) 船の復原力を増大させるため,船底に積込むバラストのことをいう。石や重い荷物をあてるのを通例とする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

船の速度。ふなあし。
船の進むこと。また、その速さ。「―を伸ばす」「―が落ちる」
水上にある船の、水面下の部分。また、その深さ。喫水。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 船の進む速さ。船の速度。ふなあし。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

船足の関連情報