コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足長蜂 アシナガバチ

デジタル大辞泉の解説

あしなが‐ばち【足長蜂】

スズメバチ科アシナガバチ属のハチ総称。体は細く、後脚が長い。人家軒下などに巣を作る。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あしながばち【足長蜂】

〔飛行中、脚を長くのばして下げるのでいう〕
アシナガバチ属及びその近縁のハチの総称。フタモンアシナガバチ・セグロアシナガバチなど。枯れ枝や古い木材をかみくだき、唾液だえきで練ったものを材料にして、六角柱状の小部屋を並べた巣を軒下や木の枝に作る。 [季] 春。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

足長蜂の関連キーワードフタモンアシナガバチ小部屋枯れ枝醸す唾液近縁

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android