コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足長蜂 アシナガバチ

デジタル大辞泉の解説

あしなが‐ばち【足長蜂】

スズメバチ科アシナガバチ属のハチ総称。体は細く、後脚が長い。人家軒下などに巣を作る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あしながばち【足長蜂】

〔飛行中、脚を長くのばして下げるのでいう〕
アシナガバチ属及びその近縁のハチの総称。フタモンアシナガバチ・セグロアシナガバチなど。枯れ枝や古い木材をかみくだき、唾液だえきで練ったものを材料にして、六角柱状の小部屋を並べた巣を軒下や木の枝に作る。 [季] 春。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

足長蜂の関連キーワードフタモンアシナガバチ小部屋枯れ枝醸す唾液近縁

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android