足長蜂(読み)あしながばち

精選版 日本国語大辞典「足長蜂」の解説

あしなが‐ばち【足長蜂】

〘名〙 スズメバチ科に属するハチのうち、あしが長く、飛ぶときにあしを下にさげているものの総称。コアシナガバチ、フタモンアシナガバチなど人家付近で普通にみられる。春に枯れ枝や草の茎から繊維をかみとり、唾液(だえき)を混ぜあわせて、軒下、木の枝などにじょうろの口に似た巣をつくる。肉食で、樹木や庭木の害虫を駆除する益虫だが、驚かすと人を攻撃する。《季・春》

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android