跋提河(読み)ばつだいが

精選版 日本国語大辞典の解説

ばつだい‐が【跋提河】

(「阿恃多伐底河(あじだばつていが)」の略) 古代インドのマラ国の首都拘尸那掲羅(クシナガラ)を流れる川。釈尊がこの川の西岸で涅槃したことにより知られる。「大般涅槃経‐一」に記されている。跋提。跋提恒河。
※本朝文粋(1060頃)一三・為仁康上人修五時講願文〈大江匡衡〉「今、跋提河之滅度二千年、瑩紫磨金而礼両足

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android