跡無(読み)あとなし

精選版 日本国語大辞典の解説

あと‐な・し【跡無】

〘形ク〙
① 跡が残らない。あとかたもない。
※万葉(8C後)三・三五一「世の中を何に譬へむ朝開き漕ぎ去(い)にし船の跡無(あとなき)ごとし」
② (跡が残らないところから) むなしい。効果がない。
※万葉(8C後)一一・二三八五「あらたまの五年経れどわが恋ふる跡無(あとなき)恋の止まなくも怪し」
③ 人の往来が絶えている。人の訪れがない。
※山家集(12C後)上「とへな君夕暮れになる庭の雪をあとなきよりはあはれならまし」
④ 根拠がない。あてにならない。また、ばかげている。でたらめだ。
※雑談集(1305)八「迷心の跡(アト)なき事真如の不遠事。迷悟ただ一性にて」
⑤ 跡を継ぐ者がないほどに巧妙だ。比べようがなくすぐれている。
※俳諧・おらが春(1819)「心のうち一点の塵もなく、名月のきらきらしく清く見ゆれば、迹なき俳優見るやうに、なかなか心の皺を伸しぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android