蹴返(読み)けかえし

精選版 日本国語大辞典の解説

け‐かえし ‥かへし【蹴返】

〘名〙
① 蹴りかえすこと。
② 歩く時などに、着物の裾がひるがえって開くこと。
※浮世草子・西鶴置土産(1693)二「皆むらさきのぼうし、そろふたりや手拍子腰つきに気をとられ、けかへし、はねづま、引足のうるはしく」
③ 相撲のきまり手の一つ。突き押し合いの時に相手のくるぶしあたりを蹴りながら手ではたき込む技。
④ 取引市場で、下がった相場が元にもどることをいう。〔取引所用語字彙(1917)〕

け‐かえ・す ‥かへす【蹴返】

〘他サ五(四)〙
① 蹴ってもとにかえす。蹴りかえす。〔和英語林集成(初版)(1867)〕
② 蹴ってひっくりかえす。〔日葡辞書(1603‐04)〕
西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉初「あしもとのさらはちをけかへしふみづけ」
③ 再び蹴る。
④ 蹴られたしかえしに、蹴った相手を蹴る。〔日葡辞書(1603‐04)〕
⑤ 歩く時などに、着物の裾をはねかえす。
※初恋(1889)〈嵯峨之屋御室〉「其飄へるふりの袂、其蹴返(ケカヘ)す衣(きぬ)の褄」
⑥ 相撲で、けかえしの技をかける。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android