コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

身上監護 シンジョウカンゴ

デジタル大辞泉の解説

しんじょう‐かんご〔シンジヤウ‐〕【身上監護】

親権者が未成年の子の身体的・精神的な成長を図るために監護・教育を行うこと。また、後見制度後見人被後見人の生活・医療・介護などに関する契約や手続きを行うこと。→財産管理

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんじょうかんご【身上監護】

親権者などが子供の心身の健全な発育のために、日常の身の回りの面倒を見ること。父母が離婚した場合、一方の親を親権者、他方の親を身上監護を行う監護権者とすることができる。また、監護権者には親以外でも、複数でもなることができる。監護権。 → 親権

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

身上監護の関連キーワード成年後見制度後見(法律)未成年後見人身上監護権財産管理権親権

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android