コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

身体言語 シンタイゲンゴ

世界大百科事典内の身体言語の言及

【身ぶり語】より

…[身ぶり語――コミュニケーション機能の顕在化 ところで人間の行動のなかには,こうした実際的な動作のほかに,明らかにコミュニケーションを意図して行う,表現的,伝達的な一群の動作がある。それらはもっぱらメッセージの伝達というコミュニケーション機能をになう動作であり,多くの場合,言語と併用されるという意味から,〈身ぶり語〉とよぶことができよう(なお,それぞれにニュアンスは異にするものの,似たような意味で〈ボディランゲージbody language〉あるいは〈身体言語〉などの呼び方もなされる)。身ぶり語においては,上にみた日常の実際的動作とちがって,他者にメッセージを訴えかけようとする意図は明白であって,それらを見るとき,ひとはちょうどことばを聴くのと同じように,ほとんど反射的にそれが伝える意味の読取りをうながされるのである。…

※「身体言語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

身体言語の関連キーワードモリス(Desmond Morris)ペーター デンプカウンセリング身三口四意三ランゲージドイツ演劇ボディー金剛頂経転形劇場話す

身体言語の関連情報