身狭青(読み)むさの あお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

身狭青 むさの-あお

「日本書紀」にみえる官吏。
倭漢(東漢)(やまとのあや)氏配下の渡来系の人。姓(かばね)は村主(すぐり)。史部(書記官)をつとめ,檜隈民使博徳(ひのくまのたみのつかい-はかとこ)とともに雄略天皇に寵愛(ちょうあい)された。雄略天皇8年と12年,博徳とともに呉(くれ)(中国)に派遣された。氏(うじ)は牟佐ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

身狭青

生年:生没年不詳
5世紀後半の外交使節。『日本書紀』によれば雄略天皇の寵臣。雄略8(464)年,さらに12年に檜隈民使博徳と呉に使者として渡る。帰国に際し,呉の漢織,呉織,衣縫などの技術者を招来する。青は渡来氏族の身狭氏の出自であり,職掌は史部(朝廷の書記官)であった。その史部としての知識,技能を認められ外交面での活躍の場を与えられたと考えられる。

(関和彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android