村主(読み)スクリ

世界大百科事典 第2版の解説

すくり【村主】

日本古代の渡来系氏族の(かばね)の一つ。〈すぐり〉ともいう。村主を〈すくり〉と読むのは,古代朝鮮語の郷,村を意味するsu‐kur(足流)という語に由来する。5世紀以降,主として朝鮮百済から渡来した技術者集団である漢人(あやひと)を,各国内の村に配置したさいに,各集団を統率した渡来人の長を村主と呼称したものらしい。やがて姓制が確立すると,称号である村主も姓の一つとなり,また後には氏名ともなった。村主の姓を称する氏族には,高向(たかむく)村主,西波多(かわちのはた)村主,平方村主などがおり,仁徳天皇の時代に百済などから村落の人たちが,こぞって日本に渡来したとする伝承を持ち,いずれも,後に坂上氏となる東漢(やまとのあや)氏の統轄下に,各種の技術者集団の統率者の役割を果たしていたらしい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

すぐり【村主】

〔「すくり」とも。古代朝鮮語「スキ(=村)」「ニリム(=主)」に関係があるか〕
古代の姓かばねの一。韓・漢からの渡来人の統率者に与えられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

村主
すぐり

古代の姓(かばね)の一つ。主村とも記す。語源は、族長を意味する朝鮮語に由来する。村主についての諸説は、村落団体の首長の有した地方官職名説と、朝鮮系漢人(あやひと)集団の統率者の敬称説に大別されるが、後者が有力である。村主姓氏族は40余を数え、そのすべてが帰化人の後裔(こうえい)であり、なかでも漢氏系がもっとも多い。元来村主は、5、6世紀に形成された技術を有する漢人集団の統率者の敬称であったが、7世紀後半以降に姓(かばね)へ転化していった。村主と同様に「スグリ」と読まれる姓(かばね)に勝(カチ、マサともいう)があるが、これは村主と性格を異にする。また、日本の村主は、新羅(しらぎ)の地方官職名である村主とも直接的な関係はないといわれる。[前之園亮一]
『太田亮著『全訂日本上代社会組織の研究』(1955・邦光書房) ▽佐伯有清著「新羅の村主と日本古代の村主」(『日本古代の政治と社会』所収・1970・吉川弘文館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

すくり【村主】

(「すぐり」とも)
[1] 〘名〙 天武朝の八色(やくさ)の姓(かばね)以前から存した古代の姓の一つ。多く、韓、漢からの渡来人の小豪族に与えられた。姓としては下級のもの。下級渡来人系の姓である「勝」も同じく「すくり」と読むという説もある。
書紀(720)雄略二年一〇月(前田本訓)「唯愛寵みたまふ所は、史部身狭(むさ)の村主(スクリ)(あを)、檜隈民使(ひのまのたみつかひ)博徳(はかとこ)等なり」
[2] 伊勢国(三重県)安濃(あの)郡の郷名。三重県安芸(あげ)郡安濃町付近にあたる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の村主の言及

【村】より

…周辺にはどこのむらにも属さない土地が広がっており,それがむらの中に取り込まれるのは高麗時代以後のことである。かつては各むらに指導者としての村主がいたのだが,すでにこの時代には彼らも国家機構の末端に位置づけられていた。新羅末期の戦乱を経て高麗の支配層になっていった,むらを本拠地とする地方豪族たちの多くは,かつての村主たちの後身である。…

※「村主」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

村主の関連情報