軌道間輸送機(読み)きどうかんゆそうき(英語表記)orbital transfer vehicle; OTV

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軌道間輸送機
きどうかんゆそうき
orbital transfer vehicle; OTV

地球の低軌道から,静止軌道や惑星間軌道などのより高い軌道へ,衛星などを運搬するロケットスペースシャトルは低軌道までの輸送システムなので,そこから目標の軌道へ効率良く運搬する手段として,1970年代から研究されてきた。現在実用化されているのは,使い捨て型のものである。将来は,宇宙ステーションで組み立てや燃料補給を行ない,目標の軌道に到達し,作業終了後,低軌道に戻り,そこで大気の抵抗により減速して,再び宇宙ステーションに収納する,再使用型 OTVが開発される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android