コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低軌道 テイキドウ

デジタル大辞泉の解説

てい‐きどう〔‐キダウ〕【低軌道】

人工衛星がとる軌道の一。地上から500~2000キロメートル程度の高度を周回する。中軌道静止軌道に比べて地表面に近いため、通信の遅延や電力消費が少なく、リモートセンシングの分解能が高い。また、衛星軌道への投入コストが低いという利点もある。多数の人工衛星を協調して運用する衛星コンステレーションで利用されることが多い。地球低軌道LEO(low earth orbit)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

低軌道の関連キーワードSSエネルギア・ロケットイリジウム[通信]ロケット(飛行体)イプシロンロケット宇宙基地協力協定HMスペースデブリHⅡAロケットM‐VロケットJ低軌道通信衛星データ中継衛星イリジウム計画軌道間輸送機ファルコン9衛星携帯電話イリジウム木星探査機

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

低軌道の関連情報