コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軍談物 グンダンモノ

デジタル大辞泉の解説

ぐんだん‐もの【軍談物】

講談(講釈)の題材からみた分類の一。合戦場面を中心にした叙事詩的読み物で、講談源流修羅場

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の軍談物の言及

【演義体小説】より

…南宋のころ,宮廷抱えの講釈師が史書を進講したのが始まりであるとされている。日本には軍談物の概念で受けいれられ,《通俗三国志》(1690)のごとき翻訳も試みられたが,本格的に読まれるようになったのは岡島冠山ら唐話学者出現以後のことで,とくに《通俗忠義水滸伝》の読解は,日本の小説界に大きな影響を与えることになった。建部綾足(たけべあやたり)の《本朝水滸伝》(1773)は,本格的な演義体小説として書かれた最初の書で,《南総里見八犬伝》に至って完成された長編伝奇の形式を日本にもたらしている。…

※「軍談物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

軍談物の関連キーワード一龍斎 貞山(3代目)宝井馬琴(4代)通俗漢楚軍談演義体小説川中島合戦盲僧琵琶実録物

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

軍談物の関連情報