コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

修羅場 しゅらば

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

修羅場
しゅらば

演劇や講談のなかで闘争の場面をいう。現世で戦いをした人間が死後に落ちる修羅道にちなむ名称。能では二番目を修羅物と呼び,義経など過去の武人の霊が現れて,戦いのありさまや修羅道の苦しみを物語る。浄瑠璃では二段目に修羅場がおかれることが多く,勇壮で簡潔な語り口が要求される。『義経千本桜』の二段目など。歌舞伎でも激しい闘争場面をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅら‐じょう〔‐ヂヤウ〕【修羅場】

阿修羅(あしゅら)と帝釈天(たいしゃくてん)とが戦う場所。
しゅらば(修羅場)1」に同じ。

しゅら‐ば【修羅場】

血みどろの激しい戦いや争いの行われる場所。しゅらじょう。「修羅場をくぐりぬける」
人形浄瑠璃歌舞伎講談などで、激しい戦いや争いの演じられる場面。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅらじょう【修羅場】

〘仏〙 阿修羅王が帝釈天たいしやくてんと戦う場。
しゅらば(修羅場)」に同じ。

しゅらば【修羅場】

戦乱や闘争で悲惨をきわめている場所。しゅらじょう。 「何度も-をくぐってきた男」 「 -を踏む」
芝居や講釈などで、激しい戦いの場面。 〔講談では「しらば」「ひらば」という〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

修羅場の関連キーワードクリーム(ロック・グループ)鶴賀 若狭掾(8代目)小金井芦洲(2代)小金井蘆州(2代)宝井馬琴(6代)田辺南竜(2代)ふじわらみほ鶴賀 若狭掾川中島合戦小金井芦洲地獄の季節森川馬谷全リンダ阿修羅王田辺南竜瑞生桜子木下貴夫宝井馬琴鉄火の間旭堂南陵

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

修羅場の関連情報