講釈(読み)こうしゃく

知恵蔵の解説

講釈

講談」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

こう‐しゃく〔カウ‐〕【講釈】

[名](スル)
書物の内容や語句の意味などを説明すること。「論語を講釈する」
物事の道理や心得などを説いて聞かせること。また、その説明。「先輩気どりで講釈する」
江戸時代、客を集めて軍記物を読み聞かせたもの。明治以後の講談のもと。
講釈師」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうしゃく【講釈】

( 名 ) スル
書物や文章の意味などを説き明かすこと。
物事の意味・性格などをもったいぶって説明すること。 「薬の効能を-する」 「 -を垂れる」
「講談」の江戸時代の称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐しゃく カウ‥【講釈】

〘名〙
① (━する) 原典をもとに講義をすること。書物語句文章意味などを補足し説明すること。講義。こうさく。
※河海抄(1362頃)序「五十四帖を講せらるる義ありしに」
② (━する) 物事道理や、教義を説くこと。また、その道理や教義。
※仮名草子・犬枕(1606頃)「一、諸道のかうしゃく」 〔新唐書‐李勉伝〕
③ (━する) 江戸時代、民衆を相手に「太平記」などの軍書、中国の戦記、伝記、人情咄などの本を面白く注釈を加えて読んだこと。また、そのもの。明治時代、講談に発展した。
※俳諧・犬子集(1633)一七「いにたくもありいにたくもなし 講尺の半に腹のいたみ出〈貞徳〉」
※浮世草子・浮世親仁形気(1720)三「太平記の講尺(コウシャク)さする思案であらふが」
④ (━する) こまごまと説明を加えること。もったいぶって説明すること。また、その説明。解説。
※俳諧・西鶴大矢数(1681)跋「我計うなづきて一句一句に講釈、大笑ひより外なし」
※或る女(1919)〈有島武郎〉後「出す物の一つ一つに知ったか振りの講釈をつけて」
※浄瑠璃・曾我五人兄弟(1699頃)五「謡のかうしゃく、つじばうか、舞まひよみうり様々に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の講釈の言及

【講談】より

…ふつう,武勇伝,仇討(あだうち),政談,実録のたぐいを,釈台と呼ばれる机を前に張扇をたたきながら,ひとりで口演する。〈講釈〉というのが明治以前の伝統的な呼称。もともと講釈とは典籍を評釈して講義することで,講釈・講談の用語は中世の仏教関係の文献に頻出する。…

※「講釈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

講釈の関連情報