コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

講釈 こうしゃく

知恵蔵の解説

講釈

講談」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

こう‐しゃく〔カウ‐〕【講釈】

[名](スル)
書物の内容や語句の意味などを説明すること。「論語を講釈する」
物事の道理や心得などを説いて聞かせること。また、その説明。「先輩気どりで講釈する」
江戸時代、客を集めて軍記物を読み聞かせたもの。明治以後の講談のもと。
講釈師」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうしゃく【講釈】

( 名 ) スル
書物や文章の意味などを説き明かすこと。
物事の意味・性格などをもったいぶって説明すること。 「薬の効能を-する」 「 -を垂れる」
「講談」の江戸時代の称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

講釈
こうしゃく

講談」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

講釈
こうしゃく

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の講釈の言及

【講談】より

…ふつう,武勇伝,仇討(あだうち),政談,実録のたぐいを,釈台と呼ばれる机を前に張扇をたたきながら,ひとりで口演する。〈講釈〉というのが明治以前の伝統的な呼称。もともと講釈とは典籍を評釈して講義することで,講釈・講談の用語は中世の仏教関係の文献に頻出する。…

※「講釈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

講釈の関連キーワード小金井 蘆洲(3代目)小金井 蘆州(2代目)桃川 如燕(2代目)太平記評判秘伝理尽鈔伊藤 痴遊(初代)神田伯竜(初代)石で手を詰める雲霧仁左衛門一立斎 文慶石川 一口深井志道軒乾坤坊良斎小金井蘆洲吉田一保軍記読み五目講釈吉田天山太平記読伊東燕晋神道講釈

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

講釈の関連情報