軒端(読み)のきば

精選版 日本国語大辞典「軒端」の解説

のき‐ば【軒端】

〘名〙 屋根の軒先。また、軒に近い場所・空間。軒近くのところ。のきばた。のきぐち。
蜻蛉(974頃)中「稲妻のひかりだにこぬやがくれは軒ばのなへも物おもふらし」

のき‐ばた【軒端】

和泉式部集(11C中)上「のきばたにみえずすかける我宿はくものいたまぞあれはてにける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android