転炉ガス(読み)てんろガス(英語表記)converter gas

世界大百科事典 第2版の解説

てんろガス【転炉ガス converter gas】

銑鉄中の炭素その他の不純物を取り除くために使われる転炉から発生するガスをいう。銑鉄1万t/日の生産量に対して転炉ガスは約80万m3/日発生する。その組成(容量)は,一酸化炭素50~60%,二酸化炭素17~20%,窒素21~22%,水素1~2%である。ふつうは製鉄所の燃料として使われるが,化学原料としての利用も可能である。【冨永 博夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android