コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

転炉鋼 てんろこうconverter steel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

転炉鋼
てんろこう
converter steel

転炉でつくられた鋼。ベッセマー法 (酸性転炉法) ,トマス法 (塩基性転炉法) ,LD法 (純粋な酸素を吹込んで精錬する方法) などによって製造され,それぞれベッセマー鋼,トマス鋼,LD鋼と呼ばれるが,今日,市場に出回っているのは LD鋼が主体である。窒素,リン,酸素の含有量がきわめて低く,良質で,ストリップミル薄板をつくるのに適する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の転炉鋼の言及

【平炉】より

… 現代の製鋼法は転炉法,平炉法,電気炉法に大別される。1960年ころまでは,平炉鋼の品質は転炉鋼に比べて一般に優良であった。とくに酸性平炉鋼は原料も精選されているので,いっそう良質であった。…

※「転炉鋼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

転炉鋼の関連キーワード鉄鋼

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android