コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

転造歯車 てんぞうはぐるまfull depth roll forming gear

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

転造歯車
てんぞうはぐるま
full depth roll forming gear

冷間または熱間状態で,歯車素材に転造用の工具を押しつけながら相互に噛み合い状態の回転運動を与え,塑性加工によって製造される歯車。非切削加工なので,安価で材料のむだがなく,強度的にもすぐれた歯車が得られる。しかし,材料が軸方向に流れることと,溝が深いため,ねじのようには簡単につくれない。また,荒削りされた歯車を転造工具にはさんで圧力を加えながら回転して歯面を仕上げる方法がある。この仕上げ法を歯車の転造仕上げといい,仕上げ時間が数秒と能率的なので,大量生産に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android