軸率(読み)ジクリツ

大辞林 第三版の解説

じくりつ【軸率】

結晶格子の三軸に交わる結晶面が切りとる結晶軸の長さの比。結晶を分類する基本定数の一。軸比。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の軸率の言及

【結晶】より

…aで3軸と基準面とを定めたことは,bで3軸の方向とOA0OB0OC0の比の値を決めたことに相当する。この比を結晶軸a,b,cのそれぞれの方向の長さの単位の比と考え,それを軸率とよぶ。またbのように軸間の角をα,β,γと名づけて,それらを軸角という。…

※「軸率」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android