コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重巡洋艦 じゅうじゅんようかんheavy cruiser

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

重巡洋艦
じゅうじゅんようかん
heavy cruiser

1930年のロンドン海軍軍備制限条約では,口径 6.1インチ (155mm) 以上の備砲をもつ排水量1万t以下の軍艦と規定した巡洋艦。旧日本海軍は,このような重巡洋艦を1等巡洋艦と称した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐じゅんようかん〔ヂユウジユンヤウカン〕【重巡洋艦】

大型の巡洋艦。基準排水量1万トン以上、主砲の口径20.3センチ(8インチ)以下のものをいう。旧日本海軍では一等巡洋艦と称した。重巡。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうじゅんようかん【重巡洋艦】

大型の巡洋艦。1930年のロンドン軍縮条約の規定で、備砲の口径が15.5~20.3センチメートルのもの。重巡。 → 軽巡洋艦

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の重巡洋艦の言及

【巡洋艦】より

…この型は第1次大戦前にイギリス,ドイツなどで多数建造され,タービン機関の採用,連装魚雷発射管の装備,偵察機の搭載などによって著しく高性能化された。 ワシントン条約(1922)で戦艦の保有量が制限されたため,補助艦でこれを補うべく日本の古鷹級をはじめとする重装備の重巡洋艦(重巡)が出現した。さらにロンドン海軍条約(1930)で補助艦の保有量および巡洋艦の排水量,主砲の口径が制限されたため,海軍条約の制限内で性能を極限まで追求したいわゆる条約型巡洋艦treaty cruiserが生まれた。…

※「重巡洋艦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

重巡洋艦の関連キーワード喜劇映画フランス映画ワールドカップ里見勝蔵スペリー熱雲ネグリチュード映画理論カリブ文学新心理主義

重巡洋艦の関連情報