輪紋病(アカクローバ)

飼料作物病害図鑑の解説

輪紋病(アカクローバ)

葉に斑点を形成する糸状菌病。主に梅雨期と秋の雨期に発生する。初め淡褐色〜褐色の小斑を生じるが、徐々に拡大して同心円状の輪紋をもち、褐色〜暗褐色 で、直径5-10mm前後の病斑となる。アカクローバではシロクローバに比べ、病斑の色が濃く、輪紋がはっきりすることが多い。アカクローバとシロクロー バでは病原菌別種である。シロクローバ菌がアカクローバを侵すことはない。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android