コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輪紋病(アカクローバ)

飼料作物病害図鑑の解説

輪紋病(アカクローバ)

葉に斑点を形成する糸状菌病。主に梅雨期と秋の雨期に発生する。初め淡褐色〜褐色の小斑を生じるが、徐々に拡大して同心円状の輪紋をもち、褐色〜暗褐色 で、直径5-10mm前後の病斑となる。アカクローバではシロクローバに比べ、病斑の色が濃く、輪紋がはっきりすることが多い。アカクローバとシロクロー バでは病原菌が別種である。シロクローバ菌がアカクローバを侵すことはない。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

輪紋病(アカクローバ)の関連キーワード輪紋病(クリムソンクローバ)ダイセン

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android