コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輪紋病(アカクローバ)

1件 の用語解説(輪紋病(アカクローバ)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

輪紋病(アカクローバ)

葉に斑点を形成する糸状菌病。主に梅雨期と秋の雨期に発生する。初め淡褐色〜褐色の小斑を生じるが、徐々に拡大して同心円状の輪紋をもち、褐色〜暗褐色 で、直径5-10mm前後の病斑となる。アカクローバではシロクローバに比べ、病斑の色が濃く、輪紋がはっきりすることが多い。アカクローバとシロクロー バでは病原菌が別種である。シロクローバ菌がアカクローバを侵すことはない。

出典|畜産草地研究所
飼料作物病害図鑑について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone