コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輪紋病(シロクローバ)

飼料作物病害図鑑の解説

輪紋病(シロクローバ)

葉に斑点を形成する糸状菌病。主に梅雨期と秋の雨期に発生する。初め淡褐色〜褐色の小斑を生じるが、徐々に拡大して同心円状の輪紋をもち、褐色〜暗褐色 で、直径5-10mm前後の病斑となる。シロクローバではアカクローバに比べ、病斑の色が薄く、輪紋が不明瞭なことが多い。シロクローバとアカクローバで は病原菌が別種である。シロクローバ菌がアカクローバを侵すことはない。

出典|畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について | 情報

輪紋病(シロクローバ)の関連キーワード輪紋病(クリムソンクローバ)ダイセン

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android