輸入代替(読み)ゆにゅうだいたい(英語表記)import substitution

世界大百科事典 第2版の解説

ゆにゅうだいたい【輸入代替 import substitution】

ある国が従来外国から輸入していた製品を,国内生産によって部分的ないし全面的に自給化することをいう。第2次大戦後,多くの発展途上諸国は輸入代替によって工業化を達成しようとした。すなわち,関税や輸入の量的制限を通じて工業製品の国内市場を海外の競争から隔離するとともに,種々の助成措置を施して国内工業の育成をはかったのである。このように,輸入代替が工業化戦略として採用されたのは,従来の輸入品であれば当初から一定の国内需要が存在することが明らかであり,またその国内供給も比較的容易であると考えられたからである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の輸入代替の言及

【貿易】より

…しかし日本はこの間にも,輸出を6.6%,輸入を2.3%,それぞれ拡大している。またラテン・アメリカ諸国はこの時期に輸入代替的工業化に着手している。 第2次大戦終了を機にIMF(国際通貨基金),GATT(ガツト)(関税・貿易に関する一般協定),世界銀行(国際復興開発銀行)を3本柱とするブレトン・ウッズ体制が成立した。…

※「輸入代替」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

輸入代替の関連情報