狭隘(読み)きょうあい

精選版 日本国語大辞典「狭隘」の解説

きょう‐あい ケフ‥【狭隘】

〘名〙 (形動)
① 面積などがせまいこと。また、せまい所、そのさま。
※蔭凉軒日録‐寛正四年(1463)八月八日「以御座狭隘之故。諷経衆各十余員被参也」
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉外「皆狭隘なる陋巷のみ」 〔史記‐李斯伝〕
② 度量がせまいこと。また、そのさま。
※自由之理(1872)〈中村正直訳〉二「常に教法に拘泥する狭隘粗なる人の議論なり」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉七「宣教師輩の狭隘なる感情の犠牲となって」 〔荀子‐脩身〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「狭隘」の解説

きょう‐あい〔ケフ‐〕【狭×隘】

[名・形動]
面積などが狭くゆとりがないこと。また、そのさま。「狭隘な土地」
心がせまいこと。度量が小さいこと。また、そのさま。「人を容(い)れない狭隘

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android