コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輸入総代理店制 ゆにゅうそうだいりてんせいimport agent agreements

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

輸入総代理店制
ゆにゅうそうだいりてんせい
import agent agreements

外国の企業が国内の流通業者やメーカーに自社の特定商品の輸入販売権を独占的に与える制度。自動車洋酒ネクタイハンドバッグなどの,いわゆる欧米ブランド品の輸入に際し広く用いられてきたが,特に内外価格差の問題や輸入阻害的弊害といった観点から論議されるようになってきている。最近では消費者意識の変化を反映して並行輸入が進みつつあり,また外国のメーカー自らが拡販のため直営の販売会社を設けるといった動きも出てきており,輸入総代理店による販売政策の有効性は崩れつつある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android