コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

並行輸入 へいこうゆにゅう parallel import

8件 の用語解説(並行輸入の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

並行輸入
へいこうゆにゅう
parallel import

内国商標権者の許諾を得ない第三者による輸入をいう。たとえば,パーカー万年筆についてA社が輸入総代理店である場合,B社が総代理店によるルート以外で輸入すること。日本においては,従来,商標権についての属地主義が厳格に適用され,真正商品の並行輸入は内国商標権者の権利を侵害するとして,認められなかったが,判例 (パーカー事件,大阪地方裁判所判決 1970.2.27.) および税関では,真正商品の並行輸入は内国商標権者の権利を侵害しない,すなわち商標の出所表示機能品質保証機能を害さないので需要者に誤認を生ぜしめる危険性はないという考え方がとられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

へいこう‐ゆにゅう〔ヘイカウユニフ〕【並行輸入】

[名](スル)国内の総代理店が輸入している商品を、別の業者が第三国にある同じ製造元の代理店から輸入すること。「ブランド品を―する」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

並行輸入【へいこうゆにゅう】

輸入総代理店以外の業者がブランド品などを相手国の流通市場仕入れ輸入すること。輸入総代理店はブランド品などの輸入品につき,商標使用権者となっている場合が多く,かつては関税定率法により並行輸入は商標権の侵害として,税関に対し輸入禁止請求を申し立てる例が多かった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

流通用語辞典の解説

並行輸入

輸入代理店制度をとっているケースで、その輸入総代理店以外の業者が当該商品を輸入すること。わが国では昭和47年(1972)10月から認められたもので、それまでは輸入総代理店が当該商品の商標使用権者になっている場合が多く、並行輸入は原則としてできなかった。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

へいこうゆにゅう【並行輸入】

外国商品につき,国内で総代理店制がとられている場合,第三者がそのルート以外から商品を輸入することをさすが,法的に問題となるのは,特許権や商標権等の無体財産権(知的財産権)が介在した場合である。例えば,アメリカのA社がアメリカと日本で商標権を有し,日本のB社と総代理店契約を締結し,商標の専用使用権を設定している場合に,日本のC社がアメリカで流通しているA社の製品を独自に輸入・販売する行為はA社の商標権またはB社の専用使用権を侵害することになるか否か,という問題である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

へいこうゆにゅう【並行輸入】

総代理店が独占的に輸入している外国商品を、別の輸入業者が第三国の総代理店から輸入するなどの方法により行う輸入。高い価格の商品を安く輸入するために行われることが多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

並行輸入

正規の契約を結んだ輸入代理店やそのブランドの日本法人以外の業者が、海外の製品を別ルートで輸入すること。個人輸入代行も含まれる。並行輸入の方法としては、海外のブランド品等を購入するといった日本の総代理店契約者等の許諾を得ずに正規代理店ルート以外のルートで輸入することが典型。1970年の「パーカー万年筆事件」(大阪地裁)で初めて「並行輸入は実質的違法性がない」という判断がなされ、72年には大蔵省関税局より各税関長へ、真正品の並行輸入品を取り扱うよう通達が出された。一般に、並行輸入品の方が価格が安く、日本未発売品も販売されるといったメリットがあるが、「並行輸入品」と称して、偽物・コピー商品を扱うショップネット通販を中心に増えており、問題になっている。

(2014-3-7)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

並行輸入
へいこうゆにゅう

輸入総代理店契約の対象となっている物品を、代理店を通さずに原産国から直接、または第三国経由で輸入する方式。1972年(昭和47)の制度改正で認められるようになった。代理店側は、アフターサービス不十分で製品の質を損なうなどの理由で批判しているが、流通マージンが低く抑えられ、商品を安く供給できるため、いまや百貨店など多くの大規模小売店が並行輸入品を扱っている。公正取引委員会は「並行輸入は代理店の独占的価格形成歯止めになりうる」として拡大を支援している。そのため、並行輸入を阻害する行為は、総代理店契約の対象商品の価格を維持する目的で行われる場合は、独占禁止法違反になるとのガイドラインを示した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

並行輸入の関連キーワード代理商保険代理店専属代理店乗合代理店代理店扱い損害保険代理店媒介代理店直扱い代理契約並行輸入車

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

並行輸入の関連情報