コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輸出前貸し ゆしゅつまえがしexport advance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

輸出前貸し
ゆしゅつまえがし
export advance

銀行が輸出業者などに対し,輸出品を船積みするまで,輸出商品を生産あるいは集荷などをするために必要な資金を融通すること。輸出振興の目的から 1960年に輸出貿易手形制度 (1972廃止) ,70年にその後身としての輸出前貸手形制度 (72廃止) が設けられ,金融機関がメーカーあるいは輸出者に船積み前の輸出関連資金を融通した場合には,それに関連して振出された手形のうち一定の要件をそなえた手形を質的,量的に優遇して,再割引および担保貸付に応じたが,71年8月のニクソン・ショックを契機として,諸外国から日本の過度の輸出優遇および貿易黒字の急伸に対する批判が高まり,本制度は廃止された。 72年 10月以降,輸出前貸手形制度に代るものとして「輸出前貸関係準商業手形」が登場した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

輸出前貸しの関連キーワード外国為替資金貸付制度貿易金融

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android