コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輸出前貸し ゆしゅつまえがし export advance

1件 の用語解説(輸出前貸しの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

輸出前貸し
ゆしゅつまえがし
export advance

銀行が輸出業者などに対し,輸出品を船積みするまで,輸出商品を生産あるいは集荷などをするために必要な資金を融通すること。輸出振興の目的から 1960年に輸出貿易手形制度 (1972廃止) ,70年にその後身としての輸出前貸手形制度 (72廃止) が設けられ,金融機関メーカーあるいは輸出者に船積み前の輸出関連資金を融通した場合には,それに関連して振出された手形のうち一定の要件をそなえた手形を質的,量的に優遇して,再割引および担保貸付に応じたが,71年8月のニクソン・ショックを契機として,諸外国から日本の過度の輸出優遇および貿易黒字の急伸に対する批判が高まり,本制度は廃止された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

輸出前貸しの関連キーワード延払い輸出輸出依存度輸出税船積み輸出カルテル輸出手形輸出品直積みシッパーPQS

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone