コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集荷/蒐荷 シュウカ

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐か〔シフ‐|シウ‐〕【集荷/×蒐荷】

[名](スル)
各地からの荷物を一か所に集めること。種々の産物が市場などに集まること。また、その荷。「近郊の野菜を―する」「―場」
運送業者が、荷主から依頼された荷物を取りに行くこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

集荷/蒐荷の関連キーワードベスレヘム(南アフリカ共和国)コンソリデーション買継問屋・買次問屋俵物(ひょうもつ)ファイサラーバードセールスドライバーリベイラン・プレトパトス(ブラジル)トゥルクインタン郵便事業株式会社貨物利用運送事業サンダー・ベイラトナーギリ農業センター輸出前貸手形中央卸売市場白川 仙太郎米穀配給制度メークティラ築地魚市場

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android