コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農業基礎論 のうぎょうきそろんNóng yè jī chǔ lùn

世界大百科事典 第2版の解説

のうぎょうきそろん【農業基礎論 Nóng yè jī chǔ lùn】

1962年9月の中国共産党中央委員会で決定した政策の総称。〈農業を基礎とし,工業を主導とする〉方針を簡略化して農業基礎論と呼ぶ。1959,60年の農業面における2年連続の大凶作,60年7月のソ連の経済・技術協定の破棄で,中国は経済危機に直面した。その危機を救うために,諸分野の経済的規制をゆるめ,農業重視の政策を打ち出したもの。農業投資の配分を増大させたのみならず,重工業内部構造の改編に着手,農業機械工業化学肥料・農薬工業の発展に力を注いだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

農業基礎論の関連キーワード新藤兼人森一生川島雄三コーマントリュフォーグレツキ埼玉西武ライオンズ野村芳太郎バディム久松静児

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android