コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農業基礎論 のうぎょうきそろん Nóng yè jī chǔ lùn

1件 の用語解説(農業基礎論の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

のうぎょうきそろん【農業基礎論 Nóng yè jī chǔ lùn】

1962年9月の中国共産党中央委員会で決定した政策の総称。〈農業を基礎とし,工業を主導とする〉方針を簡略化して農業基礎論と呼ぶ。1959,60年の農業面における2年連続の大凶作,60年7月のソ連の経済・技術協定の破棄で,中国は経済危機に直面した。その危機を救うために,諸分野の経済的規制をゆるめ,農業重視の政策を打ち出したもの。農業投資の配分を増大させたのみならず,重工業内部構造の改編に着手,農業機械工業化学肥料・農薬工業の発展に力を注いだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

農業基礎論の関連キーワード紅旗高崗蔡暢張国燾不破哲三マレンコフ主席中央委員会共産党中央委員会全体会議中国共産党中央委員会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone