農業生産指数(読み)のうぎょうせいさんしすう

世界大百科事典 第2版の解説

のうぎょうせいさんしすう【農業生産指数】

農業生産の動向を表すために,各種農産物の生産数量を基準時の生産額をウェイトにして加重平均してつくる,ラスパイレス型の数量指数。この指数を農林省(現,農林水産省)がはじめて作成したのは1933年で,農産物84品目について,1924‐29年の5ヵ年の平均生産量を基準とし,その後の各年の生産量の動向を表示するものであった。現在の農業生産指数は,畜産物を含めて154品目に関するラスパイレス数量指数である。ウェイトとしては基準年の品目別生産額が用いられているが,基準年は5年ごとに変更され,連鎖指数の形で接続されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android