コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農民社会 のうみんしゃかいpeasant society

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

農民社会
のうみんしゃかい
peasant society

R.レッドフィールドが設定した社会類型の一つで,農業的伝統に基づいた生活様式を持つが,未開社会のように単純で孤立した社会ではなく,都市社会と接触し相互的関係を持った社会である。農民社会は外社会に依存する「部分社会」であるため,社会関係が当該社会の外側にまで拡大している。また農民文化も外部とのつながりの上に成立しており,共同体内の無学な人々の生活の中で維持されてきた「小伝統」と文明社会でエリートなどにより培われた「大伝統」の2つの伝統が互いに影響し合っている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

農民社会の関連キーワードレッドフィールド(Robert Redfield)ジョージ・マックランド(Jr.) フォスター年中行事(ねんじゅうぎょうじ)ジョン・F. エンブリーヴィクトール チェルノフセルゲイ エセーニンフェミニスト人類学プランテーションノルウェー文学ナロードニキツォツィル族人民のなかへガールボルグエセーニン人民主義江戸時代ドゥーンクラーク土地保有集団婚

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

農民社会の関連情報