農民社会(読み)のうみんしゃかい(英語表記)peasant society

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「農民社会」の解説

農民社会
のうみんしゃかい
peasant society

R.レッドフィールドが設定した社会類型の一つで,農業的伝統に基づいた生活様式を持つが,未開社会のように単純で孤立した社会ではなく,都市社会と接触し相互的関係を持った社会である。農民社会は外社会に依存する「部分社会」であるため,社会関係が当該社会の外側にまで拡大している。また農民文化外部とのつながりの上に成立しており,共同体内の無学な人々の生活の中で維持されてきた「小伝統」と文明社会でエリートなどにより培われた「大伝統」の2つの伝統が互いに影響し合っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android