農道空港計画(読み)のうどうくうこうけいかく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

農道空港計画
のうどうくうこうけいかく

農道を拡幅整備して小型機が離着陸できる滑走路を作り,地域農業を活性化しようという農林水産省の計画。生鮮野菜などの農産物の空輸はもちろん,薬剤散布や施肥などの農作業の改善を目的とする。全国十数ヵ所の地区を対象に調査・研究が進められており,そのうち岡山県笠岡地区と大分県豊肥地区は 1990年に工事が着工され,91年の秋に完成した。農産物は 5tクラスの小型機やヘリコプタ農道空港から近接の公共航空に空輸される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android