辺涯(読み)ヘンガイ

精選版 日本国語大辞典の解説

へん‐がい【辺涯】

〘名〙 遠いはて。かたほとり。
※菅家文草(900頃)七・秋湖賦「叙旅思之所辺涯、喩湖水之无涯岸者也」 〔元好問‐乙酉六月一一日雨詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android