コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辿り タドリ

デジタル大辞泉の解説

たどり【×辿り】

たどること。探し求めながら行くこと。
「家を出でて見るだにあかき夜半の月入らむ山路に―あらすな」〈隆信集
物事の本質や筋道をよく探究すること。また、その能力。
「心若き―少なさに」〈常夏

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たどり【辿り】

物事の筋道をたどって探り知ること。思慮を深くめぐらして考えること。 「其の-深き人の、今の世にをさをさなければ/源氏 若菜下

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

辿りの関連キーワードアリス ウォーカーイリ ブベニチェクディスポジターエマ ラーキン縄文の記憶田中 一村日本武尊山本義隆バイロン多田昌史満中陰志辿り読み山崎北華見当てB2C源氏畷道筋道

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

辿りの関連情報