筋道(読み)スジミチ

  • すじみち すぢ‥
  • すじみち〔すぢ〕

デジタル大辞泉の解説

物事がそうなっているわけ。事の条理。道理。「筋道を立てて話す」
物事を行うときの正しい順序。「筋道を踏んで事を進める」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 事の道理。条理。ことわり。すじ。
※翁問答(1650)下「只その心けがれて身おさまらず、立身の欲心をのみ宗として、何のすじ道もなく」
※浄瑠璃・生玉心中(1715か)上「一つ屋の五兵衛とて、わかい時は、男をみがき、物の筋道、りくぎをたて、無理をいふ人でもなく」
② 事柄の順序。順をおった手続き。
※人情本・春色梅美婦禰(1841‐42頃)四「縁があって此様(こん)なに隠して上たくらゐだから、其筋道をはなしなせへ」
③ 物事の正しいあり方。本道。
※役者論語(1776)あやめぐさ「又しても又しても此格な事をしたがるは女形の魔道なり。つゐには筋道へゆかぬ役者に成べしとぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

筋道の関連情報