筋道(読み)スジミチ

  • すじみち すぢ‥
  • すじみち〔すぢ〕

デジタル大辞泉の解説

物事がそうなっているわけ。事の条理。道理。「筋道を立てて話す」
物事を行うときの正しい順序。「筋道を踏んで事を進める」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

物事の道理。すじ。 -の立った話
物事を行うにあたっての順序。手順。 -を踏む

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 事の道理条理。ことわり。すじ。
※翁問答(1650)下「只その心けがれて身おさまらず、立身の欲心をのみ宗として、何のすじ道もなく」
※浄瑠璃・生玉心中(1715か)上「一つ屋の五兵衛とて、わかい時は、男をみがき、物の筋道、りくぎをたて、無をいふ人でもなく」
② 事柄の順序。順をおった手続き。
※人情本・春色梅美婦禰(1841‐42頃)四「縁があって此様(こん)なに隠して上たくらゐだから、其筋道をはなしなせへ」
物事の正しいあり方。本道。
※役者論語(1776)あやめぐさ「又しても又しても此格な事をしたがるは女形の魔道なり。つゐには筋道へゆかぬ役者に成べしとぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

筋道の関連情報