コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近代3種競技 きんだいさんしゅきょうぎ Biathle&Shooting

1件 の用語解説(近代3種競技の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

近代3種競技

1人で「ランニング」「射撃」「水泳」の3種目をこなし、その総合得点を争う複合競技オリンピックの正式種目である近代5種競技(ランニング・射撃・水泳・馬術・フェンシング)の競技人口を増やすための入門競技として、2002年に日本で誕生した。公益社団法人日本近代五種協会の主催により、誰もが気軽に参加できる練習会や記録会、選手権大会が全国各地で行われている。

(2013-9-25)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

近代3種競技の関連キーワードプランニングベースランニングランニングランニングキャッチランニングストックランニングオンランニングスカートランニングドッグ近代5種ランニング手袋

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone