複合競技(読み)フクゴウキョウギ

  • ふくごうきょうぎ フクガフキャウギ
  • ふくごうきょうぎ〔フクガフキヤウギ〕

百科事典マイペディアの解説

スキー競技ノルディック競技種目の一つ。男子種目で,個人と団体がある。ジャンプ競技(70m)と距離競技(個人15km,団体20km)を2日間にわたって行い,両者の成績を合計して順位を決定する。現在は,ジャンプ競技の得点を時間差に換算して距離競技のスタート順に反映させるグンダーセン方式を採用。その勝者は〈キング・オブ・スキー〉と呼ばれる。冬季オリンピックでは1924年のシャモニー・モンブランオリンピックから実施された。当初は個人種目のみ行われていたが,1988年カルガリーオリンピックから団体種目が追加され,2002年ソルトレークシティオリンピックからは個人スプリントが加えられた。2010年のバンクーバーオリンピックからは個人種目はジャンプノーマルヒルとラージヒルに再編された。ノルウェーが強豪。フィンランド,オーストリア,ドイツが迫る。日本は,荻原健司,河野孝典らの活躍で,1992年のアルベールビルオリンピック団体,1994年のリレハンメルオリンピック団体で連続金メダルを獲得,リレハンメルオリンピックでは河野孝典が個人ノーマルヒルでも銀メダルを獲得した。萩原は世界選手権で個人・団体あわせて金メダル4,ワールドカップ個人総合でも三連覇するなど,日本のノルディック複合を世界に知らしめる活躍を残したが,日本はその後長く低迷が続いた。2014年のソチオリンピックで渡部曉斗が銀メダルを獲得,団体でも5位に入賞し,復活の兆しを見せている。
→関連項目アルペン競技

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

複数の種目を組み合わせて勝負を争う競技。
特に、スキーのノルディック競技の種目の一。距離競技(15キロメートル)とジャンプ競技(70メートル 級)の二種目から成り、合計得点によって順位を競うもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 スキーのノルディック種目の一つ。ジャンプ競技と、クロスカントリーの二種目の得点の合計によって順位を決める競技のこと。原則として一日目にジャンプ、二日目にクロスカントリーを行なう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の複合競技の言及

【スキー】より

…80年の第13回大会(レーク・プラシッド)には70m級ジャンプで八木弘和が銀メダルを獲得した。 その後はしばらく好成績に恵まれなかったが,まず突出してきたのは複合競技,続いてジャンプだった。複合チームは91年の世界選手権に3位(三ケ田礼一,阿部雅司,児玉和興)になったのをきっかけにして92年アルベールビル・オリンピックで初の金メダル(三ケ田,河野孝典,荻原健司)に輝き,続く94年リレハンメル・オリンピック(河野,阿部,荻原健司)でも連続優勝。…

※「複合競技」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

複合競技の関連情報