コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近松加造 ちかまつ かぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近松加造 ちかまつ-かぞう

?-? 江戸時代後期の歌舞伎作者。
近松徳三の門人。大坂浜芝居の作者として際物で評判をとる。文化14年(1817)京都で二枚目作者まですすむ。天保(てんぽう)9年江戸中村座の作者をつとめた。前名は嘉蔵,嘉造。別名に近松慶寿。俳名は桂寿。合作に「吾妻(あづま)海道茶屋娘」「文武蔵両刀扇讎(ぶんぶりょうとうおうぎのあだうち)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone