コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近松加造 ちかまつ かぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近松加造 ちかまつ-かぞう

?-? 江戸時代後期の歌舞伎作者。
近松徳三の門人。大坂浜芝居の作者として際物で評判をとる。文化14年(1817)京都で二枚目作者まですすむ。天保(てんぽう)9年江戸中村座の作者をつとめた。前名は嘉蔵,嘉造。別名に近松慶寿。俳名は桂寿。合作に「吾妻(あづま)海道茶屋娘」「文武蔵両刀扇讎(ぶんぶりょうとうおうぎのあだうち)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

近松加造の関連キーワード近松八十翁近松徳三

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android