コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近松徳三 チカマツトクゾウ

4件 の用語解説(近松徳三の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちかまつ‐とくぞう〔‐トクザウ〕【近松徳三】

[1751~1810]江戸後期の歌舞伎作者。大坂の人。初名、徳蔵、次に徳叟(とくそう)。近松半二に入門。上方の劇壇で活躍。代表作「伊勢音頭恋寝刃(いせおんどこいのねたば)」。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近松徳三 ちかまつ-とくぞう

1751-1810 江戸時代中期-後期の歌舞伎作者。
宝暦元年生まれ。はじめ浄瑠璃(じょうるり)の近松半二に師事するが,歌舞伎に転じて初代並木五瓶(ごへい)らのもとで修業。寛政8年「伊勢音頭恋寝劔(いせおんどこいのねたば)」が評判となり,その後,辰岡万作とともに京坂で活躍した。文化7年8月23日死去。60歳。大坂出身。初名は近松徳蔵。前名は近松徳叟。俳名は雅亮。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

近松徳三

没年:文化7.8.23(1810.9.21)
生年:宝暦1(1751)
江戸中・後期の歌舞伎狂言作者。通称徳右衛門。俳名雅亮。屋号大枡屋。俳諧師一炊庵紹廉の孫。幼時から芝居好きで,浄瑠璃作者近松半二の門に入る。天明4(1784)年近松徳叟と改名。初代並木五瓶,辰岡万作の下で助作者を勤める。同6年から立作者の位置を占めるようになる。寛政7(1795)年徳三と改名して大坂,京都で活躍,並木五瓶東下後の上方作者界の第一人者となった。辰岡万作と対照的に世話物,御家物を得意とし,「花より実に入る」作風とされた。また,読本や実録からの翻案も多いのが特色である。代表作は「艶競石川染」「伊勢音頭恋寝刃」など。

(加藤敦子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

近松徳三の関連キーワード植村文楽軒瀬川菊之丞宝暦神谷源内文楽植村文楽軒(初代)近松徳三近松徳三(近松徳叟)植村文楽軒近松徳三

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

近松徳三の関連情報