コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近松東南 ちかまつ とうなん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近松東南 ちかまつ-とうなん

?-? 江戸時代中期-後期の浄瑠璃(じょうるり)作者。
大坂の人。近松半二の弟子で,明和6年(1769)から「振袖天神記」「妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)」などの助作をした。また三味線を得意とし,浄瑠璃地歌に改作した。初名は近松桃南。通称は東南伊助。別名に近松播磨(はりま),綾子播磨。作品はほかに「伊賀越乗掛合羽」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

近松東南の関連キーワード近江源氏先陣館

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android