近松東南(読み)ちかまつ とうなん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近松東南 ちかまつ-とうなん

?-? 江戸時代中期-後期の浄瑠璃(じょうるり)作者。
大坂の人。近松半二の弟子で,明和6年(1769)から「振袖天神記」「妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)」などの助作をした。また三味線を得意とし,浄瑠璃地歌に改作した。初名は近松桃南。通称は東南伊助。別名に近松播磨(はりま),綾子播磨。作品はほかに「伊賀越乗掛合羽」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android