コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近藤清春 こんどう きよはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近藤清春 こんどう-きよはる

?-? 江戸時代中期の浮世絵師。
江戸の人。鳥居清信に似た画風だが,系統は不明。仮名草子,赤本,評判記などに挿絵,文章をかいた。作品に享保(きょうほう)13年(1728)刊行の歌舞伎年代記金之揮(きんのざい)」のほか,赤本「ねこ鼠(ねずみ)大友のまとり」,狂歌集「江戸名所百人一首」などがある。通称は助五郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の近藤清春の言及

【金之揮】より

…役者評判記の一種。近藤清春著・画。1728年(享保13)1月,奥村源六刊。…

※「近藤清春」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

近藤清春の関連キーワード近藤清信絵本童画

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android