コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金之揮 きんのさい

世界大百科事典 第2版の解説

きんのさい【金之揮】

書名。役者評判記の一種。近藤清春著・画。1728年(享保13)1月,奥村源六刊。1巻1冊。数多い市川団十郎関係の出版物のうち,最初のもの。前文に初世,本文に2世の主演した狂言を上演順に記した絵入り年表で,江戸人の団十郎贔屓(びいき)がしのばれる。2世に関する記事は,多くの狂言本や番付などに基づいて記されたものと思われ,ほぼ正確と認められるが,初世に関する記事は従来諸書に引用されているが,誤りが多く,信憑性が薄い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報