金之揮(読み)きんのさい

世界大百科事典 第2版の解説

きんのさい【金之揮】

書名。役者評判記一種近藤清春著・画。1728年(享保13)1月,奥村源六刊。1巻1冊。数多い市川団十郎関係の出版物のうち,最初のもの。前文に初世,本文に2世の主演した狂言を上演順に記した絵入り年表で,江戸人の団十郎贔屓(びいき)がしのばれる。2世に関する記事は,多くの狂言本番付などに基づいて記されたものと思われ,ほぼ正確と認められるが,初世に関する記事は従来諸書に引用されているが,誤りが多く,信憑性が薄い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android