コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌舞伎年代記 かぶきねんだいき

3件 の用語解説(歌舞伎年代記の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

かぶきねんだいき【歌舞伎年代記】

歌舞伎の興行年表を収めた書物の総称。江戸後期から明治・大正にかけて数多く刊行された。江戸(東京)における歌舞伎草創期から明治時代にかけての一貫した年代記のほか、京坂を中心としたものや興行元別のものなど種々ある。烏亭焉馬えんば「花江都はなのえど歌舞伎年代記」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かぶきねんだいき【歌舞伎年代記】

歌舞伎の興行年表。正編,続編,続続編の3種がある。正編は烏亭焉馬編,1811‐15年(文化8‐12)刊。原名《花江都(はなのえど)歌舞妓年代記》。1624年(寛永1)から1804年(文化1)までの記録。続編は石塚豊芥子編,1859年(安政6)成稿。原名《花江都歌舞妓年代記続編》。正編に続く1805年から59年までの劇界記録。続続編は田村成義編,続く59年から1903年(明治36)までの記録。〈乾〉〈坤〉2巻の予定であったが〈坤〉は焼失未刊。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

歌舞伎年代記
かぶきねんだいき

歌舞伎史の基本資料。1624年(寛永1)江戸・中橋に猿若座(さるわかざ)(後の中村座)が開場して以後、1912年(明治45)までの、江戸(東京)の各座における興行記録。次の4種によって書き継がれている。
(1)『花江都歌舞妓(はなのえどかぶき)年代記』 立川焉馬(たてかわえんば)編。1624年から1804年(文化1)の興行記録。翻刻に歌舞伎座出版部本、日本古典全集刊行会本の2種がある。
(2)『歌舞妓年代記続編』 石塚豊芥子(ほうかいし)編。焉馬の『歌舞妓年代記』の後を継ぎ、1805年から1858年(安政5)までの上演記録を収める。翻刻に国書刊行会本、新群書類従(ぐんしょるいじゅう)本がある。
(3)『続々歌舞伎年代記(乾(けん))』 田村成義(なりよし)編。1922年(大正11)市村座刊。続編の後を継ぎ、1859年から1903年(明治36)までの興行記録・評判などの関係資料を収める。2部の予定で、乾の巻と付されたが、坤(こん)の巻の原稿は関東大震災で焼失、出版されずに終わった。
(4)『続々歌舞伎年代記(坤)』 利倉(としくら)幸一編。田村の遺志を継いでの命名であるが、内容は別に新しく編纂(へんさん)された書。1904年から12年7月までの興行記録と関連資料を収める。1979年(昭和54)演劇出版社刊。[服部幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone