コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近藤清石 こんどう きよし

1件 の用語解説(近藤清石の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近藤清石 こんどう-きよし

1833-1916 幕末-大正時代の郷土史家。
天保(てんぽう)4年4月17日生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。近藤芳樹らに師事。藩の右筆(ゆうひつ)として古記録を調査。維新後,玉祖(たまのおや)神社宮司(ぐうじ)をつとめるとともに,県編輯(へんしゅう)所で県の修史事業に従事。「防長風土誌」「大内氏実録」などを編修した。大正5年1月4日死去。84歳。本姓は大玉。初名は忠曄。字(あざな)は白華。通称は四郎,登一郎。号は霜堤など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

近藤清石の関連キーワード耕山(2代)笹沢魯羊田中緑紅田名部彦一福田源三郎福山黙堂藤原日迦十寸見蘭洲(6代)向山雅重大正時代美術

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone