コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近藤清石 こんどう きよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近藤清石 こんどう-きよし

1833-1916 幕末-大正時代の郷土史家。
天保(てんぽう)4年4月17日生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。近藤芳樹らに師事。藩の右筆(ゆうひつ)として古記録を調査。維新後,玉祖(たまのおや)神社宮司(ぐうじ)をつとめるとともに,県編輯(へんしゅう)所で県の修史事業に従事。「防長風土誌」「大内氏実録」などを編修した。大正5年1月4日死去。84歳。本姓は大玉。初名は忠曄。字(あざな)は白華。通称は四郎,登一郎。号は霜堤など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

近藤清石の関連キーワード大内教弘大内義興大正時代陶晴賢陶興房大内

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android