迷惑行為防止条例(読み)メイワクコウイボウシジョウレイ

デジタル大辞泉の解説

めいわくこういぼうし‐じょうれい〔メイワクカウヰバウシデウレイ〕【迷惑行為防止条例】

社会一般の人々に迷惑をかける行為を防止するための条例総称痴漢つきまとい盗撮だふ屋押し売りなどの行為に適用される。47都道府県すべてで条例を定めているが、正式名称や内容は自治体によって異なる。迷惑防止条例

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

迷惑行為防止条例の関連情報