迷惑防止条例(読み)メイワクボウシジョウレイ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

迷惑防止条例
めいわくぼうしじょうれい

公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等を防止するための条例。正式名称は、自治体により異なるが、東京都、大阪府では、「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」という(東京都昭和37年条例第103号、大阪府昭和37年条例第44号など)。刑法の網の目をくぐる小暴力に対し住民を守るために昭和30年代後半に各地で制定された。その内容も自治体により多少異なるが、たとえば、大阪府条例には、乗車券等の不当な売買行為(ダフヤ行為)、座席等の不当な供与行為(ショバヤ行為)、街頭等における景品買行為、粗野または乱暴な行為(ぐれん隊行為)、卑猥(ひわい)な行為、不当な販売行為、不当な客引行為、迷惑ビラ等の配布行為、反復したつきまとい等、モーターボート等による危険行為の禁止の規定があり、その違反に対しては、指示、事業停止、処罰が用意されている。[阿部泰隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

迷惑防止条例の関連情報