コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

迷路反射 めいろはんしゃlabyrinth reflex

1件 の用語解説(迷路反射の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

迷路反射
めいろはんしゃ
labyrinth reflex

内耳前庭器官を受容器として生じる反射をいう。回転運動やその他の身体の動きによって,前庭器官内部の感覚細胞の上にあるクプラ,耳石膜などに流動圧,内圧,ずれなどが加わると,それらの神経情報は前庭神経を伝わって延髄内に分布する前庭神経核に伝わり,さらに上位の中枢にまで送られて種々の反射運動を生じる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の迷路反射の言及

【運動】より

…これは屈曲反射で,一側の下肢が屈曲したとき,対側の下肢が伸展して体重を支え,身体の平衡を保つものである。全身の骨格筋に及ぶ反射として緊張性迷路反射と緊張性頸反射がある。緊張性頸反射では,首をねじると顔の向いた側の上下肢が伸展し,反対側の上下肢が屈曲する。…

※「迷路反射」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone