コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

追憶の橋 ついおくのはし

1件 の用語解説(追憶の橋の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ついおくのはし【追憶の橋】

ニュージーランドの南島最大の都市クライストチャーチの中心部を流れるエイボン川にかかる、アーチ形の石橋。川にはいくつもの橋がかかっているが、とりわけ優雅なのがこの橋といわれる。第一次世界大戦当時、兵士たちは家族や恋人に見守られながらこの橋を渡り、兵舎から駅まで行進して各地の戦場に向かっていった。現在の橋は1923年に建設されたもので、戦争の犠牲者を偲ぶ慰霊碑も兼ね、平和の願いも込められている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

追憶の橋の関連キーワードニュージーランド亜区とうほくニュージーランド村ニュージーランド交響楽団ロトルア・ニュージーランドマラソンニュージーランドマアジニュージーランド・ハンタウェイニュージーランド・ポニー種 (New Zeal Land Pony)ニュージーランド馬衣 (New Zealand rug)ニュージーランド・ラグ (New Zealand Rug)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone