コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

追憶の橋 ついおくのはし

世界の観光地名がわかる事典の解説

ついおくのはし【追憶の橋】

ニュージーランドの南島最大の都市クライストチャーチの中心部を流れるエイボン川にかかる、アーチ形の石橋。川にはいくつもの橋がかかっているが、とりわけ優雅なのがこの橋といわれる。第一次世界大戦当時、兵士たちは家族や恋人に見守られながらこの橋を渡り、兵舎から駅まで行進して各地の戦場に向かっていった。現在の橋は1923年に建設されたもので、戦争の犠牲者を偲ぶ慰霊碑も兼ね、平和の願いも込められている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

追憶の橋の関連キーワードニュージーランド

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android