退職所得課税(読み)たいしょくしょとくかぜい

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

退職所得課税

退職金に課税される所得税のこと。分離課税制によって計算されるもので、いわゆる給与所得などを対象とする所得税とは違い、優遇措置がとられている。税率は、収入金額から勤続年数に応じた退職所得控除額を差し引き、残りの金額の2分の1に対して課税した額。現年課税で、退職金の支払いの際に差し引いて徴収している。また、社会保険制度からの一時金や、保険会社などの退職一時金も課税対象となる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android