コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

退職所得課税 たいしょくしょとくかぜい

1件 の用語解説(退職所得課税の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

退職所得課税

退職金に課税される所得税のこと。分離課税制によって計算されるもので、いわゆる給与所得などを対象とする所得税とは違い、優遇措置がとられている。税率は、収入金額から勤続年数に応じた退職所得控除額を差し引き、残りの金額の2分の1に対して課税した額。現年課税で、退職金の支払いの際に差し引いて徴収している。また、社会保険制度からの一時金や、保険会社などの退職一時金も課税対象となる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

退職所得課税の関連キーワード課税最低限課税所得課税物件非課税所得分離課税申告分離課税申告分離課税制度所得課税株式譲渡の申告分離課税退職所得税

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone